Retrospectib

R2:VIVIO用砲弾型マフラーを試す

calendar

もういじらないとか言っておきながら手が滑りましたので。
いちど砲弾型マフラーを試してみたかったのです。

こんなの


ヤフオクで買ったVIVIO用廉価ステンレスマフラーです。有名メーカー製は流石に手が出ません。
ベンダーで曲げた内側が皺になってるし、ちょっと溶接が雑なところもありますが概ね問題ありません。


特に絞りもない42.7Φのストレート構造ですね。パンチングパイプもちゃんとステンレス(たぶんSUS409とかSUS430あたり)っぽいので耐久性はそれなりにありそうです。
欲を言えば出口をもっと小さくしてほしかったところです。75〜80mmくらいが理想。
まぁ…見ての通り値段なりの仕上がりですな(´_`)

着けてみました


斜めに跳ね上げていくスタイルでなかなかそれっぽい見た目になりましたとさ。
マフラーハンガーは純正をそのまま使いましたが、VIVIO向けな為ちょっと車両中央側に引っぱられますけれども伸びるので大きな問題はありません。
気になるならステーを延長するとかの加工が必要になりますが、外れなきゃいいので私はこのままです。


はみ出しも全然気になりませんね。ちょうど良いくらいです。

サンプル


エンジン始動から3000回転まで。iPhoneで撮影したので音の正確性は保証いたしかねます。
アレですよ、爆音ですよ。直管よりは全然マシですがKakimoto.Rよりは大きいです。

もっと回したバージョン↓

インナーサイレンサーが付属しているので速攻装着したのは言うまでもなく。
これで結構音量は抑えられましたが、それでもKakimoto.Rとどっこいぐらいです。
そりゃセンターパイプがただの鉄パイプですからリアマフラーのサイレンサーしか消音器がありませんので喧しいのは当たり前のこと。
折角買ったのでしばらくは付けていますが…ロドスタ買ったらフジツボに戻すとします。

ちなみに中回転域のトルク感はよろしくなって、高回転もそこそこな印象です。インナーサイレンサー付けて。
外せば高回転はもっと良くなるはずですが、どちらにせよ低速トルクはスカスカな印象です。エアコンのせいでもありますけれど。

…ここしばらくケチってガスケットは使い回しまくってるけど案外漏れないものですね( ∵)

この記事をシェアする