Retrospectib

R2:Kakimoto.R マフラー購入

calendar

先日ボーナスが出るの確定しましたのでちょっと買ってみたのです。
というのも以前から気になっていたマフラーなんですが、現在は後期型純正品のただの曲げられた鉄パイプを付けています。
これが実は前期純正のマフラー径よりも細いことが判明しまして、前期純正38.1mm(42.7mmかも)に対して後期純正は30mmだったかな。
とは言えサイレンサーは無いのでビックリするほどの抵抗にはなっていないと思われますが、高回転でもうひと伸び欲しい私としては太めの物が欲しいなとも思っていました。



購入したのがこちら、柿本レーシングのKakimoto.Rです。
ヤフオクでたまたま出ていた美品を落札してみましたが、届いた物は丁寧に磨かれていてかなり綺麗でした。手垢一つ付いていないレベル。
これ、RAプレオ用なんですけどね。
R2にはKakimoto.Rの設定は無くて、hyper GTbox Rev.になります。
KKヴィヴィオ〜RAプレオ〜R1/R2(RNステラ)あたりまでならリアマフラーは互換性があってほぼポン付け可能だとか。私が見た中では、プレオ用のSTI genomeマフラーだけステーが違っていたので、どうしてもという方はプレオかステラ用genomeを使えばよろしいかと。


出口は80Φだそうですが実際のパイプ径は60Φあたりでしょうか。
メインパイプが50ΦほどとNAの軽四に付けるものとして見るとかなり太いです。スーパーチャージャー車であってもノーマル仕様に付けるならまだ太い感じです。
高回転のピークパワーだけを狙うのならこの太さでも良いですが、低中回転のトルクは確実に細くなるかと思われます。
ただ、現状より排気管長は長くなるのでもしかしたら同じくらいで収まってくれるかもしれません。高回転だけ狙うのなら短く太くです。


サイレンサーにもロゴがプレスされていて後ろから見ると割と目立つかもしれません。
県内でR2にこれ付けている人私くらいでしょうからもしかすると特定されかねませんな。


ガスケットアンチシーズを買っておきました。ガスケットは部品センターまで買いに行くの面倒だったからサイズの合う汎用品で済ませました。
ボルトナットは7月に新品に交換してありますので再使用は問題ないでしょう。アンチシーズこと焼き付き防止剤はアメリカ製の安い物をとりあえずで買ったわけですが、4oz(113g)も使い切れる自信がありませんw

交換は明日の昼前くらいでしょうかね、少しでも気温が高いときにやらないと( ∵)