アコード:夏タイヤ購入 DAVANTI DX640編

前回のエントリで書いたように、春から使おうと思っていたMODEL T5がギリギリはみ出してしまいまして。
僅かとは言えハミタイは許せないのでこの春からは純正ホイールを履かせるのですが、今付いているタイヤがひび割れ多数の2012年製EC202でそのまま使うには危ない感じですから交換しないといけません。
本当なら車検用セットとして純正ホイールは活用するつもりでしたがそうも言ってられなくなったので、予定よりちょっとグレードを上げたタイヤを買うことにしました。
今買って組んでおかないと春から(朗らかに)使うときまでビードとリムが馴染まず、元気良く加速したり減速したらズレそうですから。ロードスターの時はバッチリズレましたとさ。

こちらを選択



DAVANTIのDX640にチャレンジしてみることにしました。サイズは純正のまま215/45R17。
車検専用と考えていたときは5000円でお釣りの来るATR SPORTでよかろうと思っていましたが、当分履かないといけないとなれば話は別です。
基本ATRはウェットが弱い(体験済)ので降雨時のいざという時に想定外に舵が効かないとかケツが出たとか怖いじゃないですか。なので普段使いを考えると今回はパスです。

このDAVANTIというメーカーはイギリスのメーカーだそうで、製造は中華です。
DAVANTI自体はしっかりした会社みたいで問題無さそうだったし、レビューを見る限り悪くはなさそうだったので選択してみたのです。


トレッドパターンはこんな具合です。
全体的に(アジアンタイヤとしては)綺麗です。バリもヒゲも少なくMOMO OUTRUN M3に近いレベルの仕上がりです。国産タイヤにはもちろん及びませんが。


どこ探しても情報が出てこなかったトレッドウェアは420でした。
耐摩耗性はそこそこありそうですが、あくまでも参考資料の一部です。使ってみないと何とも言えません。


製造年は2019年と新しいです。オートウェイでの取り扱いが昨年からなのでこれは思った通りです。
製造週は39〜40周だったので9月末〜10月頭という感じですね。コロナが話題になる前ですから菌は付いていないでしょ。(希望)

そんなわけで未知のタイヤを買ったお話でした。
組み替えは今週末です。履き替えはいつになるでしょうね…3月半ばくらいでしょうか。

※2/29 組み替えました


いつもの優良店にて組み替えてきました。
タイヤを外すとタイヤレバーの傷がいくつかあってちょっと腐食気味でした。普通の所で普通のチェンジャーを使って組み替えると大なり小なり付きますよね。
あとバルブの所にカッターナイフで付いたであろう傷もありました。私はバルブを切るのにニッパーを使っているのしか見たことがなかったし、今までのホイールにも付いていなかった傷なので少々驚き。


バランスに関してはちょっと悪いかなと思われます。取りきれないわけではありませんしホイールとの相性もあるでしょうから何とも言えないところもありますが、ウェイトは多い方かと思います。
バランサーで回しているときのフレ具合は特に問題無いレベルなので、バランスさえちゃんと取れれば体感出来る振動は出ない気がします。ロードスターの時に買ったcorsa2233はちょっと酷かったね。(保管方法かもしれない)

ホイールに組んだ状態でサイドウォールはやや丸め、リムガードはEC202より大きくて平置きしたときにリムが地面に接触しなくなりました。
EC202のは全く役に立っていない状態だったのでこれで安心して平置きできます。

そしておぼえ書きをしておくとします。
215/45R17 87W(純正) → 240kPa_545kg, 230kPa_530kg(JATMA)
215/45R17 91W XL → 250kPA_545kg, 240kPa_530kg(ETRTO XL)

基準空気圧は純正+10kPaで良いですね。あとは好みに合わせて調整です。
JATMAとETRTOの相対表みたいなのはググれば出てきますので、純正の負荷能力を把握した上で決めましょう。
アジアンタイヤは十中八九ETRTO規格ですよ。

というわけで後もう2週間くらいしたらスタッドレスと入れ替えると思います。
果たしてどんな感触なのか楽しみです。