アコード:異音のするスピーカーを交換

納車直後に意気揚々と準備していたFMトランスミッターで音楽を流すと運転席側ドアスピーカーからバリバリと異音がするではありませんか。
十中八九エッジの破れとかその辺だろうなと思ったので即スピーカー交換を企てたのです。
古い車で屋外保管だったりするとやられていることもありますね。

こちらを準備


created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥12,218 (2020/07/08 13:43:19時点 Amazon調べ-詳細)

同年代のRBオデッセイ アブソルートの純正スピーカーです。ヤフオクで4個セット1500円のを買いました。
私のアコードはプレミアムサウンドシステムが付いていましたので純正はパイオニアの専用品らしいのですが、まぁとりあえず鳴ればいいやということで車格的にも極端に悪い物ではないだろうと判断してこれにしました。
ブラケット下部にツメが2個あって上部が板バネになっているタイプだったらライフのだろうがフィットのだろうが合うと思います。(確証は無いけど)

交換する


まずドアの内張を外しますが…おそらく新車時から一度も外したことが無いであろう雰囲気でしたのでクリップ破損は免れないなと覚悟して挑みました。
結果的に内張にはめ込む部分が数個割れましたが取付には支障が無かったので良しとします。
あと内張は外さずそっと回転させてスピーカーにアクセスだけ出来るようにしました。要は手抜きです。(お勧めしません)


当該スピーカーはご覧の通りエッジが完膚なきまでに朽ち果てています。内張をバコッと外した段階で破片が落ちてくるレベル。


オデッセイのと比べてみました。形状はほぼ同じですね。
アコードのはブラケット外周に制震材(レジェトレックスでしょうね)が貼ってあってプレミアムを名乗るだけのことはしてあるようです。
余っているのがあったと思うので貼っても良かったんですが、面倒くささが勝ったのでそのまま取り付けることにしました。


逆手順で取り付けました。やり方はググれば沢山出てきますよ。
コネクタもそのまま付きますので完全無加工ポン付け。
もちろん内張を戻す前に音出しチェックは必要です。

左右で特性が違うのはいただけないし、どうせ助手席側も同じ状況だろうということで同じように交換しました。
異音が出ていないだけでエッジは破れ放題でカビも生えていましたとさ。

交換後はもちろん異音も無くちゃんとした音が出ています。
リアスピーカーとの特性違いも特に違和感無くこんなもんだろうと言ったところですね。
あと思っていたとおり低音がより出るようになってトーンコントロールは±0のままで十分どころかちょっと多いくらいですが、走行中のことを考えるとこんなもんでよろしいかと。
何となく位相に違和感があったりもするのでリアドアスピーカーもエッジが破れている可能性があります。リアシェルフのはトランクから正常なのを確認済です。
とりあえずこのまま使うとします。
ちなみに社外品への交換は今のところ考えていません。変えるときはプレミアムサウンドシステムを撤去するときです。(撤去するとは言っていない)

ついで作業


スピーカーとは関係ありませんがポジションランプをLEDに交換しておきました。
エボと同じくフェンダー内からアクセスしないといけない面倒くさいタイプなので、やる気のある内じゃないと実行に移さないだろうと思いまして。
使用したのは日星ポラーグの40lmで5000Kのものです。やたらと眩しくて青白いLED球は嫌いですので。
日星ポラーグのLED球はKのレガシィで10年近く持っているので寿命は問題無い感じです。色味や輝度は変化していますが車検に通る程度なのでそこも大丈夫でしょう。
こういった取り付けが面倒くさい所に付いているポジション球は多少高くとも信頼性の高いLEDに変えておくのが最近の個人的なトレンドですw