Retrospectib

R2:タイロッドエンド交換

calendar

この車を買ったときから段差などで足回りからガタッとかグゴォ系の異音が出ていたのです。
アッパーマウントを新品にした車高調に交換しても変わらなかったので気にせず2年乗ってきましたがそろそろと思い、長期休暇中に直してみようと思ったわけです。
音の種類的にボールジョイント系だろうなと高を括り(タイヤを揺すってガタを見る手法も試しましたが特にガタはありませんでした)、値段が手頃なタイロッドエンドから交換してみることにしました。

これらを用意



タイロッドエンドとクラウンナットと割ピン、それからロアアームのボールジョイントブーツを用意しました。
今回はとりあえずタイロッドエンドの交換のみです。

交換


ジャッキアップしてウマに乗せてタイヤを外します。
それからタイロッドエンドのロックナットを軽く緩めておいて、タイロッドエンドとナックルを留めているクラウンナットもある程度緩めます。
そしてタイロッドエンドプーラーを使ってナックルから抜きます。
ロードスターで嫌と言うほどタイロッドエンドプーラーを使ったのでこの辺は余裕です。ハンマー無しでもバキッと外れました。


外れたタイロッドエンドです。新旧でブーツ以外は特に変わりなく。
ボールジョイントがフラフラだと思っていましたが全然そんなことはなく、かなり手応えがあって新品と大差ありませんでした。
ちょっと雲行きが怪しいぞっと。


新しいのを元に戻してロックナットを締めたらナックルに差し込んでナットを締めて割ピンを入れれば完成です。
割ピンは長い方がボルト側だそうですよ。

直った…か?

交換後に組み替えタイヤ運搬のため往復80kmくらい走ってきましたが、ほぼ音は出なくなりました。
ただし場合によっては少し出ますね。特に運転席側は。
良くなるシチュエーションとしてはエッジの立った小さい段差だとか、コンビニに入る際よくある歩道との段差、減速帯、橋桁と道路の小さい段差などです。

結論としては半分直りました。つまりタイロッドエンドとロアアームボールジョイント両方が原因っぽいなと。
いよいよロアアーム交換ですか…やるなら運転席側からですね。
1個1万2千円くらいするのでちょっと躊躇しますね。低走行車の中古部品が安く出ていればそれでもいいかなと思ったり。
もうちょっと考えてみます。

この記事をシェアする

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...