R2:FUJITSUBO Legaris K マフラー交換

昨日受け取ったレガリスKに交換します。
これでようやく爆音から解放されますよ。

既存の状態



何の変哲も無いKakimoto.Rです。RA1プレオ用な為か出口の位置が低めです。
そして…


どうやらこの辺のクリアランスが狭いので、リアサスメンバーと干渉して大きく振動する場面でカラカラ音が出ています。
一番狭いところで10mmも無いくらいです。

新しいのを付ける


とりあえずKakimoto.Rを外してレガリスKと並べてみました。
ストレート構造のKakimoto.Rに対してリアクティブ式のレガリスK。排気管長もレガリスKの方が長いですね、たぶん純正同等かと思われます。


サクッとレガリスKを取付です。マフラーだけならジャッキアップ含めて30分あまりで交換出来ますね。
ガスケットは先週新品にしたばかりなのでそのまま使い回しです。もちろん排気漏れはありませんでした。


各部クリアランスも十分ありますし、何よりリアサスメンバーのジャッキアップポイントが復活しました。
これでタイヤ交換時前後2回のジャッキアップで済みます。もちろんそれだけに限らずウマに乗せるときもサイドシルのジャッキアップポイントが使えるようになりました。


一つだけ注意点なのですがセンターパイプとの接合部にあるフランジ上側のナットにメガネレンチが掛かりませんでした。
私はSnap-on(今回はXBM1417A)を使っていますけれども、他のすげー薄いものなら何とかいけるかもしれません。
スパナは信頼性の低いものしか持っておらずボルト側を回して何とか締めました。


後ろから見るとこんな具合です。タイコが左によってアレですが、ちゃんと適合品なので低すぎてモヤッとすることはありません。
何気に出口がちょっとだけ跳ね上げになっています。嫌いじゃない。

画像の場所からお察しの通り、いつものド田舎山へ行ってきて録音してきました。

マイク感度のせいと勝手にノーマライズされている(おそらく)せいでKakimoto.Rと差が無いように感じますが実際はかなり静かです。
車内での籠もり音はありませんし、外で聞いても低音がほどよくカットされて耳障りにならない周波数だけ残っている感じです。

走ってみると全域トルク感が良くなった印象です。
高回転域での詰まり感も感じず、ストレート構造のKakimoto.Rと遜色ないんじゃなかろうかと。
特に中回転域のレスポンスが良くなった気がします。
すべて極わずかな差ではありますが確実に変わってはいますね。
もちろんピークパワーの54psはほぼ変わり無しでしょう、体感では60psあったら良いなくらいですが実際計ると50psとかなんだろうな( ∵)