R2:後期用マフラーに交換

ノーマルからノーマルへの交換です。前期型に後期型のものを取り付けるのです。
事前に錆取り〜耐熱塗装までしてあります。

R2のリア側ジャッキアップポイントは覗くとすぐ分かります。
ここにジャッキを掛けてくださいと言わんばかりの場所がサブフレームセンターにありますので。
ただ、ウマを掛ける場所はサイドシルの純正ジャッキポイントが良いんじゃないかと思われます。他に見当たらないですし。
こういったアタッチメントがあると便利ですね。


フランジのボルトナットをインパクトで外したら、マフラーハンガーに油を差してグリグリっと外します。
やはりインパクト用ソケット買っておいてよかったです。結構バリバリしないと外れませんでした。
ちなみにこの純正マフラー、意外と軽く感じましたよ。


右側のマフラーハンガーだけ再利用して後期純正を取り付けました。
左側のはどこかに仕舞っておきましょう。


仕上がりはこんな具合です。ちょっと出ている感じ。
下から覗くとスカスカ感が結構なもんですが個人的にはこれくらいのチープさが丁度良いです。

さて、マフラー交換したら恒例となりつつある動画です。以下です↓

思っていたより音量は上がりました。
車内ではそこそこ聞こえるかなと言ったところ。エンジン音の方が大きいかもしれません。
外から聞くとちょっとしたテンロクスポーツのような音がします。VTECのようにはいきませんけども。

見た目ノーマル、でもちょっとスポーティwな音が良いひとには安上がりで良いと思います。

※万が一この記事を見て真似される場合、何かあっても私は責任を負えませんのでご了承ください。