スポンサーリンク

アコード:ATR-K sport を gram LIGHTS 57G へ組み込み

たまたま平日休みになったので先日購入したタイヤとホイールを組み付けてもらいに行って来ました。
もちろんお馴染みの優良店です。

組み込み…そして発覚

ここにしか頼んでいない

今回は組み込みのみなので割とサクッと終わりました。
いつも古いウェイトと糊残りを除去してから持っていくんですが1枚だけ忘れていました。手間掛けてしまった。

そしてホイールバランサーで回したときに発覚したのですが…インナーリムがはっきり分かるくらい歪んでいました。なんてこったい。
その次のも少し歪みありで、その次も微妙に歪んでいるという。3本歪んでいました。

購入時の説明にはちゃんと「歪みなどはありません」と明記されています。信じて買ったのに。
しかしもうタイヤを組んでしまったので返品するにも憚られます。保証はあるのでもし走行時に異常振動が出るようなら交渉してみようと思います。

組み上がり

組み上がったら結構サイドウォールが丸いですね。
何ならタイヤに対してリム幅が少し狭く感じられます。リム幅は8インチの方が合っているかもしれませんね。

付けてみる

×△

歪んでいるものはチョークで印を付けておいてもらいました。△が少し歪んでいるもので、×が大きく歪んでいるものです。
両方とも後ろに持っていきます。(ローテーション時は前になってしまいますが)
それにしてもどうやったら3枚も歪ませられるのでしょうかね…WRCでたまに見る前輪1本だけうっすら接地した状態で斜めになりながらジャンプでもしたのかしら。

これはこれで

微妙に似合っていないような何とも言えない雰囲気です。
デザインとか形状のせいか直径が大きくなったような気がしますね。サイドウォールが厚く感じます。

もう少しいけるかな

ちなみに今まで履いていたRT615K+は1年と1ヶ月でこんな具合です。
もう少し溝はあるので街乗りでしばらく使って使いきりたいと思います。
ここまで減るとワンダリングは酷いわ雨の日に横断歩道の白線でうにょうにょするわで危ない状態になります。
この特性を理解して乗る分にはまだ大丈夫ですが、これで他の人には運転させたくないですね。

うーんこの

久々に全体を撮ってみました。このホイールセットを履かせるとこんな感じです。
ホイールナットはロードスターの時に使っていた40mmのクロモリレーシングナットを4本買い足して使っています。センター部分のデザイン上こちらの方が似合うし取り付けやすいので。
あとちょっと心配していたリアフェンダーの爪は全く当たりませんね。通勤路のバンプスポットでも余裕でした。
今週末まで皮むきのため通勤で使いますが、それを過ぎれば普段はMODEL T5を継続します。これはあくまでも朗らか山スピードウェイを走るとき用ですので。

タイヤノイズについて

巷ではこのATR-K sportのノイズがうるさいと言われているようですが、実際どんな音がするのか参考までに録ってきてみました。
膝の上にスマホを置いて録画しただけですが、何とかノイズを収めることが出来ました。
225/45R17サイズだと45km/hで明確に耳につく音量で、60km/hまで出すと他の音と混じってあまり気にならなくなります。
さらに70km/hまで出すとまた賑やかになってくる感じでしょうか。100km/h出せるところはまだ走っていないのでアレですが、どうせ普段使いしないので割とどうでもいいです。この手のタイヤが喧しいのは重々承知しています。

それよりもRT615K+比で段差での突き上げがマイルドになりました。サイドウォールが柔らかいせいでしょうね。
普通のタイヤと比べれば十分固いですがスポーツタイヤとしては柔らかい方だと思うので、その分の反応の遅れを考慮して操作する必要があります。街乗りでは気にしなくて良いですが。
あとその辺を60km/h上限で走って帰ってくるだけでも結構発熱しますね。RT615K+より早い感じがします。その分タレも早そうではありますが。

ということで新たなタイヤとホイールを付けてみたお話でした。
今週末実戦投入する予定ですので、何か気付いたことがあればまた追記したいと思います。