スポンサーリンク

アコード:ヘッドライト磨いてみた

納車時から気になっていたことなんですが、ヘッドライトが黄ばんでいてそのうち磨かないとなと思っていたんです。
そしてここ最近急激に黄ばみが進行してきて、さらに表面がガッサガサになってボロさに拍車が掛かってきたんですね。
流石にこれはみすぼらしいし、プロジェクターヘッドランプとはいえ表面で拡散して対向車は眩しいだろうと思うので磨くことにしました。

こちらを準備

3M ハード1 と 虫除けスプレー
created by Rinker
サラテクト
¥424(2020/09/25 00:36:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥939(2020/09/25 00:37:01時点 Amazon調べ-詳細)

ヘッドライトの黄ばみ取りに使えると以前から言われていた虫除けスプレーとコンパウンドです。
黄ばみ具合が軽微なら最初からコンパウンドで磨いても良いんですが、私の場合結構進行していたので最初は虫除けスプレーで素早くおおざっぱに黄ばみ成分を溶かして除去した後にコンパウンドで仕上げれば早いかなと思いまして。
コンパウンドは最初手持ちのピカールでやっていましたが、どうも削れないなと思ってこちらも手持ちの3M ハード1に切り替えました。切削性はこちらの方が良い感じなので。

ディートの含有量

虫除けスプレーについては何でも大丈夫だそうですが、「ディート」という成分が配合されているものじゃないと意味が無いそうです。これがプラスチックを溶かすとか。
そしてこのディートの含有量が多いほどよく溶けるということで、近所のホームセンターで安くて多いものを買ってきました。 医薬部外品だと上限12%だそうですので、それ以上のを探す場合は医薬品のものになるかと思います。

created by Rinker
池田模範堂
¥658(2020/09/25 00:37:04時点 Amazon調べ-詳細)

磨いてみる

磨く前

磨く前の画像がこれしかありませんでした。でも黄ばんで艶引けしているのが分かると思います。
納車時はまだマシだったんですけどね…。

第一段階

これは虫除けスプレーで擦ってピカールでザックリ磨いたものです。黄ばみは虫除けスプレーだけでほとんど取れてしまいました。
私の場合前オーナーがどうやらウレタンクリア塗装までやったみたいで、虫除けスプレーを掛けると表面が拭き筋だらけでザラザラになったんです。たぶんウレタンクリアが溶けて伸びたんでしょうね、いくら拭いても変わらなかったのでピカールでの磨きに移行した感じです。

さらにハード1で磨いた

しかしピカールでは中々磨けずガサガサが中々取れませんでした。
なので今度は3M ハード1を使って磨いてみると割とサクサク磨けて艶も良い感じに出ました。 これだけ綺麗になれば十分でしょう。
この時は後のコーティングをどうするかまだ決めかねていたのでとりあえずバリアスコートを塗りたくっておきました。

ウレタンクリアが残っている

でも実は前オーナーが(業者に頼んで)施工したウレタンクリアが結構分厚かったみたいでまだ残っています。画像下側の反射具合を見ると分かります。
なのでこの後はウレタンクリア塗装ではなく、3Mのヘッドライト用クリアコーティング剤(39173)を施工しようと思っています。手軽だし3M製ならいいかなと思いまして。
1年ごとにコンパウンドでサラッと磨いてから施工すれば割と手軽に綺麗なまま保てるんじゃないかと思います。たぶん。

そんなわけで何とか綺麗に出来た感じです。
ヘッドライトが綺麗だとボロさが結構減りますよね。いや、ボロいはボロいんですがパッと見の印象は全然違います。
最初ヤフオクでそこそこ綺麗なヘッドライトを買おうかとも思っていましたが、この仕上がり具合を見てやめました。ここまで綺麗になるとは思っていなかったので。

あと虫除けスプレーは普通に有用でした、これは使える。
時期的にも自分に掛けてから作業すると虫刺されを気にせず作業に没頭出来て良いかもしれません。 私は蚊取り線香を併用していましたけども。
あとくれぐれも熱中症にはご注意くださいませ。40℃超えている地域もありますのでね。日陰でやりましょう。

created by Rinker
アース渦巻香
¥714(2020/09/25 00:37:02時点 Amazon調べ-詳細)