アコード:ルーフライニング交換と車検終了

先日アコードを買った車屋から電話があって、ルーフライニングが入荷したから車検も一緒にやりましょうと。
この車は満期日が6月19日ですが、車検自体は45日前から受けられるので問題ありません。
果たして無事に合格するでしょうか…。

結果

預けてから4日後に無事戻ってきました。
ちょっと長かった感じですが…。


まずルーフライニングは問題無く新品になりました。綺麗に使っていかないと。
ただ、Cピラー内張などに古いルーフライニングの糊汚れが付いていてアレなのでいつか程度の良い中古と交換しようかと思っています。


LLCも思った通り交換されていましたが、純正のようにスーパークーラントではなく普通のやつになっていました。
だからといって別に問題はありませんし、むしろスーパクーラントより交換頻度が上がるので汚れは溜まりにくくなるんでないかと思います。


あとついでにフォグランプ灯体を交換してもらいました。
純正がリフレクター部分で割れて水が入っていたので、ヤフオクで調達した安い純正品を持ち込んだのです。
これフィットの純正オプション品なのですがイエロー派なのでガラス自体がイエローなものを。見た目も良いアクセントになっていると思います。

いくら掛かったのか


明細置いておきます。

交換したものは一般的なLLCやブレーキフルードだけでは収まらず、まさかのフロントブレーキキャリーパーのピストン固着(気味?)でオーバーホールが必要でした。
幸いロードスターみたいにピストン単体で出ないなんてことは無く、シールキットとピストンで事なきを得た感じです。
パッド交換をしたときは問題無いのを確認済なので、それ以降で何らかの理由により固着したかしかかってしまった感じでしょうか。塩とかその辺なのかしら。
そしてリアのブレーキパッドも何故か斜めに当たっていたそうで修正しましたとのこと。ただし若干斜めに摩耗しているとのことでしたのでパッドとローターは交換された方が…とも。
ただ、パッド交換からたいして距離を乗っていないので大事には至らずという感じなのでこのままパッドを使い切るまでは使おうと思います。その時にローターも交換時期になるでしょうから交換ですね。(リアキャリパーもその時オーバーホールです)

あと明細ではブレーキマスターシリンダーの交換もお勧めされていますが、これはおそらく一度交換されていると思うんです。
マスターバックにフルードの漏れた形跡が見られますが、その時に交換されているんじゃないのかと。というのもマスターシリンダー自体やリザーバータンクが17年前のものと思えないくらい綺麗なのです。隣のクラッチマスターは年式相応のヤレがあります。
なのでマスターバックの漏れ跡を見てマスターシリンダー交換と書いたのでしょうが、現状漏れていないので様子を見て必要ならオーバーホールしようと思います。

それよりも個人的にはギコギコいうクラッチペダル(マスターも?)を変えたいところです。
CL7アコードはクラッチペダルがどうも弱いらしいのです。
強化クラッチペダルとマスターのセット品があるのでそれにしようかな。もちろん余裕が出来たらですが。

ということで何だかんだ14万円オーバーと過去の車検代最高値を更新しました。
エンジン内が素晴らしく良いコンディションだっただけに想定外でしたね。
古い車なので少しずつリフレッシュしていかねば。