アコード:左に曲がるとルームランプが点くのです

ちょっと試しに夜な夜な朗らか山へ行って来たのですよ。
新しいタイヤと車の性格を把握するのに軽く流す程度ですが、左に曲がったら突然ルームランプが点いてビビったわけです。
ボディ剛性が弱々な車にハイグリップタイヤ履かせたらこういうことも起きるんでしょうが…修復歴の無い割とボディ剛性の高いアコードでなぜ?と。

これが原因


色々観察していたら見つけました、ドアの内側でルームランプスイッチ付近に凹みです。
前オーナーが何か挟んで凹ましたんでしょうな。だいたいシートベルトのタングでしょうけど。


個人でヘコみを直すことはなかなか難しいので他の方法を考えます。
とりあえずルームランプスイッチの当たる場所を知るためにマジックをスイッチ先端に塗ってドアを閉めて転写しました。
ヘコみより少し外ですね。


created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥512 (2020/06/01 03:44:47時点 Amazon調べ-詳細)

たまたま手元にあったゴム板をブチルゴム系両面テープで貼り付けました。これでバッチリです。
洗車の時とかうっかり剥がさないように気をつけないといけませんね。
半ドアの時確認し忘れていましたが大丈夫でしょう。

まさかこんな所がヘコんでいるなんて思いもよりませんでした。
エボと程度の落差が激しめですが何とかやって言うこうと思います( ∵)

ちなみに朗らか山で走らせてみて分かったのですが、高回転でシフトアップするときギアの入りが悪くなります。
普段はスッコスコのスコでストレスフリーなんですが結構力を入れないといけなくなります。
ちょっとこれは慣れが必要ですね。
あと3→2のシフトダウンで結構アクセルを煽らないといかんなというのも分かりました。今までのエボやロードスターの感覚だと回転が低くなりがちです。
まだまだ私の慣らしは終わっていません。