ロードスター:ブレーキパッド交換

先週の朗らかな集いでリアパッドの減りと効きが甘いなと思うことがあるという話をしていたんです。
効きの甘さは街中では全く問題無いのですが、ちょっと負荷が掛かった走りをして温度が上がってくると空走するような感覚になって思った所で止められずに仕方なくラインを変えざるを得ない状況になることがあったのです。
もうちょっと安心して走れるようにとりあえずパッドを変えてみるかと思い立ったのでした。

これを選択



エンドレスのMX72にしました。交換しようと決めたのが盆休み突入直前だったため在庫があるものでセミメタルで評判の良さそうなもので探すとこれになりました。
今まで値段重視でノンアスばかり使ってきましたがここに来て初のセミメタルを選択です。

交換した



交換手順は前に記事にした気がするので割愛しますが、片持ちキャリパーなのでそこまで大変ではありません。
昨年の車検以来触ってなかったのですがフロントは特に何も無く問題なし、リアはサイドブレーキの調整が不良で極わずかに引きずり気味でした。1/3回転戻しですよ。

交換後に当たり付けのためしばらく走ってきました。
中古ローターなので最初は馴染ませるために普通に乗って、効きが良くなってきたあたりからちょっと意識して徐々に温度を上げていくスタイルで行うことにしました。


これは50kmくらい走ったところです。前の皮膜が取れてきて新しい皮膜が部分的に付いてきた感じがします。
それにしてもローターが傷だらけです。極端に温度上げたことも無くノンアスパッドだったのに。
本来なら研磨した方が良かったんですがそんな時間もお金も無いし。


100km少々走ったところです。皮膜が乗ってきて効きが安定し出したあたりですね。
もうしばらく乗っていれば当たり付けは完了と言ったところでしょうか。

この段階では唐突な効きも無いしある程度奥まで踏むとカチッとしたタッチがあって良いです。
あと温度を上げるとより効きますね、これがセミメタルか。

ちょっと値段は高いけどこの感じはかなり良いので今後はセミメタルですね。このパッドが無くなるまで乗っているか分かりませんがw