Retrospectib

ロードスター:エンジンオイル・ミッションオイル交換

calendar

前回交換から半年経ったのでエンジンオイルを交換しました。
あとデフオイルも変えたんだからミッションオイルも変えておこうということで同時にやってしまいます。

これを選択


エンジンオイルは前回から引き続きSUMIX GX100です。
一部ホームセンターで見かける程度の謎オイルと思われがちですが、製造はエスアイエナジー(旧住商石油・出光グループ)と下手な安オイルが霞むレベルの一流メーカーです。ホンダの純正オイルが有名でしょうか。
このGX100、巷の噂ではULTRA Goldと同じだとか。



ミッションオイルはデフと同じくレッドラインを選択です。灯油のペコペコするポンプでチャレンジです。
粘度は75W-90のままにしたかったので選択肢は2つありましたが、GL-4指定なのでMT-90になりました。
このミッションのGL-5適合性が不明なのでGL-4を選択した方が賢明かと思います。GL-4は新規認証をしていないようなので数は限られますけれども。
ちなみに6速(Y16M-D型)ミッションのオイル容量は1.75Lと、5速(M15M-D型)の2Lより少ないです。なので1qtボトルなら2本で足ります。

交換


まずはジャッキアップして高めにウマを掛けておきます。前後を出来るだけ水平にしましょう。私はやや後ろ下がり。
そしてフロアに付いている邪魔なものを外します。エキマニ交換の時と同じですな。


ミッションの助手席側を見るとフィラーとドレンが見えます。
フィラーはエキマニが邪魔をして中々狭いところにありますので色々注意ですね。


オイルを抜きます。
もちろんフィラーを先に緩めますが…前回交換したときディーラーがやらかしていたようです。後述。
両方とも2面幅は24mmですので使いやすい工具で緩めましょう。


出てきたオイルはデフより全然綺麗です。少々濁ってはいますがまだまだいける予感です。
あと走行直後なので勢いよく出てきました。注意しないと掛かってしまいますのでお気をつけ遊ばしてください。


ドレンに付いていた鉄粉は想定より全然少ないです。たぶん距離にして5000kmくらいです。
そしてフィラーのそばに何やら見えますね。
謎の三日月状の金属片がフィラプラグのネジ山から出てきました。ミッション側も指で触ると同じようなものがもう一つ出てきましたし、全体的に細かな金属粉がネジ山に付いていました。
これはおそらくフィラプラグを少し斜めに掛けてしまったパターンじゃなかろうかと。
一般的に一発緩めたら手で回ることが多いですが、これは所々引っ掛かってレンチを使わざるを得ませんでした。ドレンは至ってスムーズです。

前回ミッションオイルを交換したのはあのディーラーです。呆れるを通り過ぎて一周回ってくるレベル。
狭いところだけど純正エキマニの時だったからまだ余裕があったはずです。それなのにこの有様ですか。
というかこの状態なら締めるときだって違和感があるはずですが、それを無視してレンチでゴリゴリ締めてしまったわけですな。
あまりにもレベルが低すぎて何も言えません。北陸マツダ本店に匿名クレーム入れてやろうかしら。→入れました。


ドレンパッキンはデフの時と同じく内径18mmのもの。三菱用で売っていますよ。


ドレンを締めますがここはトルクレンチを使います。規定トルクは27〜48Nmですので、中間あたりの38Nmにしておきました。
ここで感覚を覚えておいてフィラーの時も同じくらいの力で締めます。フィラー側は狭くてトルクレンチが入らないので。

画像はありませんが、先の灯油ポンプを使ってペコペコとオイルを入れていきます。
もうちょっと先の細い物の方が奥まで入って垂れてこないかと思います。満タンになったときはちゃんと分かるレベルであふれ出てきますので。
溢れてきてからは素早くフィラーを締めたいところですが、狭いのとネジ山がディーラーによって破壊されているので素直に入りません。
両手の指先のみで上手く落ちない程度まで掛けられたら体勢を変えて押さえつけながらゆっくり締めていきました。まともなネジ山であれば1回で上手く行くかと思いますが、正しくないネジ山な私は3回落としてようやく締められました。
周囲はオイルまみれですよ…。


次はエンジンオイルですがこれは特に書くこともないのですけどね、あのディーラーのことですからネタが出来たわけです。
前回はフィルタ交換が面倒くさかったのでオイル持ち込みで変えてもらったんです。そしたらこの有様。
ディーラーだからパッキンの使い回しは基本的に無いと思うのでオーバートルクによる変形かと思います。
パッキンがネジ山に勢いよく食い込んでいたのでプライヤーでグリグリ引きちぎって外しました。ドレンプラグの座面に無用な傷が付いてしまってイラッと。
BPエンジンのオイルパンはアルミですからオーバートルクは御法度。見れば分かるはずだけど。
幸いオイルパンは無傷でしたが大変気分が悪いです。何なのホントに。
一応書いておきますが、規定トルクは30〜41Nmです。

交換後

エンジンオイルは相変わらずなので割愛しますが、ミッションオイルは変わりますね。
2速3速で結構ゴリっとした感触がするのですがそれが柔らかい感触に変わりました。条件によってはその感触も無くスコッと入ったりもします。
あと全体的にスコスコ入るようになって良い感じです。純正オイルの時は結構力が要るなと思っていましたが、今はもうスッと入ってくれます。
MT-90気に入りました。次回もこれでいこう。

最後に…ディーラーだからと安心していてはいけません。整備士とは名ばかりのド素人未満の整備士もどきが存在する可能性もあります。
皆様におかれましては私のようにくだらない被害に合われませんようご注意くださいませ。