Retrospectib

R2:PIVOT 3-drive COMPACT スロットルコントローラ装着

calendar

いつの間にかまたTポイントが一杯溜まっていたので気になっていた物を買ってみました。

スロコン



PIVOTのスロットルコントローラ、3-driveシリーズの中で一番シンプルなCOMPACTです。
スロットルコントローラは色々出ているかと思いますが、一番無難でややこしく無さそうなPIVOTになりました。
なぜ導入に踏み切ったかというと、低回転域のスロットルレスポンスが悪くて何だかなぁと常々思っていたからです。元々CVT前提のエンジンですしそれに合わせて電スロも調整されているはずですからしょうがない部分もありますね。

取付は簡単


まずはアクセルペダルの上にあるコネクタを抜いてハーネスを割り込ませます。


本体をどこに設置するか決めたら後は必要な配線を繋いでいくだけです。
私はエアコンパネル下の小物入れにそっと設置するので配線を通す穴を開けました。Φ7.5の錐で大ざっぱに開けてからコネクタが通る分だけ横に拡張です。


電源はOBDから取るようになっていますが、コネクタが通らないので切り落として開けた穴に通しました。
取説にも書いてある方法ですから問題ありません。


12Vは既存のIGNから取りました。ちょっと手抜きして蟹と短い配線で済ませてしまいましたが大丈夫でしょう。
皆さんがやるなら全力でお勧めしません。素直にOBDから取った方が良いですし、既存配線に割り込ませるなら切って2分岐ギボシ配線でも作って接続した方が良いです。


後はタイラップで配線を纏めて外した物を戻して完了です。

走ってみて


まずはSP1から試してみました。が、あまり違いが分からないのでSP3にしてみると…丁度良い!
その後一定速で走行中にSP7にしたら加速してみたりECO5にして減速したり遊んだうえで結局SP3に落ち着きましたとさ。
山坂道とか行くとSP7でも良いかも。高速の巡行はたぶんECOにした方が楽かも。

スロットルコントローラ、結構良いものでした。