Retrospectib

AKG Y45BT Bluetoothヘッドホン購入

calendar

仕事で出張へ行く際、持って行くものにiPad miniとヘッドホンがあります。
その際に使っているヘッドホンが2000円程度の安いBluetoothヘッドホンでして音質が物足らないのです。
ミュージックアプリだとイコライザの設定が出来るので多少マシに補正できますが、それ以外のYouTubeだとかイコライザ設定が出来ないアプリの音は本体の音質そのまま出てしまって籠もっているのですよ。

というわけで新たにひとつ買ってみました。

AKG の Y45BT を選択です。
ソニーのXB950BTと少し悩みましたが、高音が弱いということで今回の目的であるこもりの解消という点では避けておくべきかと思ってAKGになりました。
AKGというと高音らしいのですが、このYシリーズはどちらかと言うと低音寄りのようです。
あとデザインが格好良いってのも選んだ理由のひとつですw


本体は意外とずっしりしていて高級感を演出している予感がします。
キャリングポーチが付属しているのも良いですね、使いやすそうな感じです。
この他付属品として3.5mm⇔2.5mmの有線接続用ラインケーブル、充電用microUSBケーブルが同梱されています。
バッテリーが切れても使える点は評価して良いと思います。

開封して充電もせずにiMacとペアリングしてiTunesでイコライザはオフの状態で色々聞いてみました。
そしたら予想より籠もっている感じです。1時間くらい鳴らしていると徐々にスッキリしてきた感じです。
低音も最初は思ったほど出ていない感じでしたが、こちらも鳴らしている内に気づいたら出ていました。

やはりどちらかというと低音寄りですが高音も悪くは無いです。普通に聞けますw
イコライザで補正すれば低音はかなり出るし満足な感じ。
もう今までの廉価品には戻れないですな。

総合的に良い感じな商品ですが注意点がひとつ。
結構側圧は強いので長時間の使用だと確実に耳が痛くなると思います。
私はなぜかヘッドバンドと頭が当たっている部分が先に痛くなってきました。ちょっとずらせば大丈夫ですが。

個人的にはオサレだし結構お勧めしたいとことですが、側圧の強さと音の傾向から誰にでもと言うわけにはいかないですね。
TDK WR780あたりを買っておけば概ね間違いない感じはしています。バランスが良いようですし。
オーディオ機器は難しい…。

この記事をシェアする