Retrospectib

HGST TOURO S 1TB と Transcend USB3.0ハブ購入

calendar

今までまともにクリーンインストールをしたことの無い私のiMacですがようやく重い腰を上げて実行に移しました。
OSX 10.4あたりからアップグレードを繰り返しまくって一度真っ新にしてTime Machineバックアップから戻したことはありましたが、完全にイチからするのは初めてでした。
こんなに起動と終了が早かったのかと思い直すと共に、全体のレスポンスが良くて大変快適です。SSDはまだ要らないなと思えるレベルに回復しました。

さて、そうこうしている内に外付けHDDの容量が足らなくなってきました。以前から動画・写真保存専用に1台欲しかったのもありひとつ買ってみました。
それとUSBポートも不足するのでハブも一緒に購入です。

購入したのは久々のHGST製です。ディスクの回転数7,200回転というのに惹かれたのとWDと値段変わらないか少し安かったので。
ハブは4ポート・セルフパワーで絞ってみるとバッファローかこれか謎メーカー製がヒットしたので、バッファローより個人的に信頼しているトランセンドになりましたとさ。


HGST製、TOURO S 1TBです。表面はアルミで側面はプラスチックになります。
WDのように底面にゴム足は付いていませんので滑る&傷付き放題です。私は部屋に転がっていたエプトシーラーをカットして四隅に貼り付けておきました。
まぁよくあるポータブルHDDの類ですな。


USBハブはTranscend製HUB3です。
iMacの裏に置いておくので上面に端子があると埃が溜まりますが、側面なのでさほど心配は要らないかなと思っています。
セルフパワーのACアダプターは12V1.5A出力だそうな。


このポートは2.1A出力になっているのでiPadも充電できます。しないけど。


とりあえずiMacの裏に設置してみました。
早速合計400GB弱のデータの移動をしてみましたが、特に遅いとか引っ掛かるとかいうことはありませんでした。30分くらいで終わった気がします。


Mac OS拡張でフォーマット後、真っ新な状態で速度を測ってみました。
これだけ出ていれば十分ですね。特に言うこと無し。

というわけでこれにてクリーンインストール作業は終了です。
思っていたよりも簡単でしたが、Adobe Creative Cloud系のアプリがある場合は必ずサインアウトしてからフォーマットしてください。
というかそういう系のアプリは全部ログアウトしておいた方が後々トラブルにならず良いかと思います。

El Capitanどんとこい。

この記事をシェアする