Retrospectib

R2:RECARO SP-J(ランエボ5純正)シート購入

calendar

サンバーでは窮屈すぎて体が限界を迎えたレカロシートですが、R2なら乗用車ですからのびのび設置できそう…。
ということで事前のリサーチの結果、サンバーの時に使っていたSR3はダイヤルをセンターコンソール側に付け替えればショルダーの干渉はありますが付きそうだったのです。
しかしダイヤルが固くて外れず、外したとしても反対側に移設できるのかという問題も出てきたのでサクッと諦めました。
そして紆余曲折を経てSP-Jを選択です。

が、実は買った後に気づきましたがSP-JじゃなくSP-JSという中が狭い車向けのを買うべきでしたw
ランエボ5・6のは素のSP-JなのでJSより大きいのです。どうしよう。
レールはまだなのでとりあえず開けて眺めるだけです。


とある業者から買って開けたらこんな状態でした。
古い中古品だし安かったから仕方ないのかもしれませんが、せめてビニールくらい被せて欲しかったな。
まさか段ボール箱に放り込んで終わりとは。固定もされていませんし、梱包としてはお粗末と言わざるを得ません。
(幸い機能的には問題無さそうです)


正しい方向に置いてみました。
購入したのは助手席側ですがレールを外せばそんなの関係ありません。
SP-Jはアコード ユーロRにも採用されていましたが、あえてランエボのを買ったのはリクライニングダイヤルが両側にあるからです。
いざ干渉したときは片方外せば良いだけですからね。


SP-Jは座面先端が伸びますので足の長い人には重宝する機能だと思います。
個人的に座面の長さは快適性に直結すると思っているので短いよりは長い方が良いですね。
悪友KのBP5レガシィ純正は短くてどうもしっくりこない感じでした。


座面の裏を見るとSP-JCなどに付いているレカロヴェント用のファン取付部がそのまま残っていました。
メーカー純正品はコストダウンのためかランバーサポート調整とか前倒しとかの機能も省かれているようです。

ちなみに座った感じはSR3ほどのホールド感は無いけど体には結構馴染むなというところ。
相変わらず脇腹の所はスッカスカですが、肩は程よく抑えられています。
太腿の所もわりとゆったりしていてペダルワークはスムーズにできそうな気がします。

R2純正シートからの交換ならだいたいホールド性は向上しますから良しとします。
とは言え純正シートもシートバックがちゃんと高く作ってある点は評価しているんですけれども。

実を言うと今回シート交換に踏み切ったのはこれから夜の山へドライブに行く予定が増えるからですw
後輩君から誘われて皆で楽しく朗らかにドライブしましょと。そんな楽しそうな集まり行かないわけがありません。
楽しいドライブですから必然的にホールド性の高いシートが必要になるので買ってみたわけです。

SR3フォレスターに付けてみようか…でも純正シート電動だからクソ重そうで躊躇するな…。

この記事をシェアする

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...