Retrospectib

iPad mini 2 シルバー 32GB FE280J/A 購入

calendar

以前からタブレットが欲しくて水面下で色々検討しまくっていたわけです。
iPadなのかAndroid端末なのかは最後まで悩みましたが、今までiPhoneで使ってきたアプリ資産を活かさない手は無かろうということでiPadに決定したのです。
そこからもちょっと悩みましたよ、Airにするかminiにするか。見やすさ・操作しやすさは断然Airに軍配が上がりますが、重いのは嫌だなというのと高いのもちょっと…ということでminiを選択です。
ですが…さらに2と3で少し悩むこととなります。新しい方が良いと思いつつも性能差はほぼ無く、ゴールドカラー追加とTouch ID搭載くらいのもので価格差が9000円(16GB/8月30日現在)なのは如何なものかと思いまして、最終的にmini2になりましたとさ。

あと、タイトルにある型番でお気づきになった方はさすがです。
通常私の買った仕様のiPad mini 2はME280J/Aとなります。FEとはなんぞや?
実はApple Online Storeにある整備済製品に付けられる型番なのです。サムネ画像にも製品名の前にRFBってありますでしょ。
ということで私が買ったのは整備済品のiPad mini2だったのです。ネタ的にこっちを買ってみたくなったので( ∵)


いつも11時前に届けてくれるヤマト運輸のドライバーさんは安定感抜群です。安心して待っていられますw
新品のiPadだと製品写真がプリントされた箱ですが、整備済品はシンプルに製品名だけです。逆に格好良いかも。


箱を開けてしまえば新品同様です。
Lightningケーブルと10W電源アダプタ、紙類ですね。
箱は新品のものと遜色ないクオリティなのは言うまでもなく。


先にケースと保護ガラスを貼ってしまいましょう。
共にAmazonで1500円くらいだったかと。保護ガラスはANKERのものなので問題ないでしょうが、ケースはどうだろう…。


ガラスを貼ってみると微妙に浮いている箇所がありました。というか吸着シリコンがムラになっている感じです。
安いから仕方ないと諦めています。


ケースは内側に取れない指紋が数カ所、あとはエッジにバリが少々ある感じで値段なりです。バリ自体は柔らかいのでiPad本体に傷つけることは無いでしょう。
あとケース部が何かしらのシリコンゴム的なものでコーティングされているのですが、後々ベタベタしてきそうな気がしてなりません。


ケースとカバーを付けたときのヒンジ部の傷付き防止策が熱収縮チューブ的なものというのはいかがなものか。
せめて文字の書いてない白いところだけ使おうか。


でもとりあえず役目は果たしているので、細けぇこたぁ良いんだよ!って方にはお勧めです。色も選べるし安いし。


ようやく電源を入れました。液晶はムラも無く綺麗です。


なんやかんやの設定を済ませてとりあえず使えるところまで来ました。
あとはアプリを入れて設定をいじくってという感じですかね。

今のところiPhoneで狭苦しかったGarageBandが快適なのと、キーボードが打ちやすいってのは大いに実感しています。
今さらiPad買ったけどもっと早く買っておけば良かったな( ∵)

この記事をシェアする

関連記事

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...