Retrospectib

P640をバッ直

calendar

大晦日に何やってんだとw
時間があったらやりたかったヘッドユニットのバッ直をしてみました。
というか純正ヘッドに電気送りたかったというのもあります。
エアコンパネルと一体なので、電気送らないとエアコンの設定(内気・外気切り替えとか)を覚えててくれないのです。
一度エンジン切るとリセットされる感じ。

そんなわけで、サクッとやってみました。


純正ヘッドの配線からイルミとアクセサリを取ります。
この辺はエレクトロタップで手抜きですw

バッテリーからの配線は2sqの普通の銅線です。
そこに配線保護のヒューズ(20A)を入れて室内に引き込んでます。
エーモンの汎用ヒューズホルダーを使いました。

何も保護してないけどたぶん大丈夫でしょw

あとは適当にギボシで繋いで完了です。
室内への引き込みに手間取るかと思ったけど、アンプへの配線の上を通せば簡単でした。
要らなくなった傘の骨が良い仕事してくれましたw

完成図。

時計ぐらいしか意味ないけど、煌びやかになりましたw
小さな事ですが、エアコン絡みの4つのボタンのイルミも点いてちと嬉しいw

あとバッ直で音質変わったかと言われれば全然分からんw
内蔵アンプで聞いてれば分かるかもしれませんけどね。
これは本来の目的じゃないのでいいですw

とりあえずこれで一通り良い感じになりました。
いざって時は純正ヘッドから音出すことも出来ますね。
ドア内張はがして配線つなぎ替えないといけないけどw

最初からこうしとけば良かったです。