Retrospectib

ARC2100 CXLに入替

calendar


上手いこと晴れてたので天気悪くなる前にサクッと入れ替えました。
若干の問題はありましたが、何とか出来ましたよ。
施工はGの車庫借りてやりました。電気あるし寒いしw

若干の問題ってのはアンプのでかさです。
助手席下に横向きに置くわけですが、M25より3cm弱くらい大きいので結構ギリギリだったりします。
おまけに端子が一列に並んでるので、あんまり前方に出せず後ろ側の固定が微妙だったりw


あと、またしても逆相問題発生ですw


この正相(であろう)スピーカーケーブルの並びで最初やったんですけど、サブウーファーと位相が逆です。
サブウーファーはどちらも新品なので位相は合ってるはずなんですよね。
だから±逆につなぎ替えて対処です。完全に正相か逆相かさっぱりな状態になりましたよw

この辺は深く考えずにゲインです。
このARC2100 CXLは左右独立でゲイン調整できます。
ヘッドユニットで左右バランスいじるよりも細かく調整できるわけです。
左より若干右を落とすと運転席で良い感じにバランス取れました。これは良い。

ちなみにこのアンプ、定格110W×2chということでM25より45W大きかったりします。
なのでゲイン位置は最大の2割ほどで十分な音量でした。
今まで通りのゲイン位置で音量上げまくったらスピーカー飛ばしますねw
スピーカーの入力は定格50Wくらいだったかと思います。

とりあえず今まで通りの設定で音を聞いてみました。
そしたら高域の伸びが良くなりました。でも突き刺さるような感じではなく、適度に角の取れた感じでシャキッと。
低域もぐっと来る感じというか何というか。1本筋が通った感じですかね。
サブウーファーとの繋がりは完璧になりました。今までがもうちょっとだけ下まで出ればっていう感じだったんですが、そのもうちょっとが出たおかげかと思われます。
ボーカルとかはくっきりしましたね。今までわずかに埋もれてたのが丁度良い具合に出てきた感じです。

完全に主観なのであくまで一例として。
でも解像度は上がりました。細かい音まで出てます。
やっぱ駆動力の高いアンプだと違いますね。ボーナス半分近く投資した甲斐がありましたw
もうARC AUDIOのファンですよ。

サブウーファー用にFD2100でもぽちっと…したら家計がやばいw
当分はこのままいきますかね。
当分は。

この記事をシェアする

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...