Retrospectib

MB Quart サブウーファー取り付け

calendar

私の車じゃないです、Gのですw
ウーファーその他合わせて1万円で買ってくれたので、工賃サービスで取り付けてあげました。
というか工賃含むで話し進めてたんだけどね。

奴のファミリアにはすでにサブウーファーが付いてます。
でもアンプ内蔵の16cmバスレフというよくあるアレです。
いくら調整しても全体が曇った音になってしまう素敵な仕様ですw
流石にこの音は勘弁ならんと思ったのか、重い腰を上げてSWを変えることになったわけです。
丁度私も変えたばかりで前のが余ってたのでよかったらどう?と聞くと込みで1万ならというわけで、決定しました。

まず既存SWの撤去から。
配線はすでにバッ直してあって、10AWGの配線が来てます。
これはSW買ったところでやってもらったもの。某有名中古パーツ屋にて。
コルゲートチューブと絶縁テープ(ビニールテープじゃなかった)をこれでもかと剥がすとびっくり。

SH380173

ちょっとこれは…。
バッ直線とSWの電源ラインをメスのギボシで圧着して、ビニールテープで巻いてありました。
アースのラインは上手いことギボシが付いてたのに、なぜバッテリーのラインはこんな変なことしてあるんでしょうか。
同じ10AWGなんだから同じ手法で出来るはずなのに。
まぁオーディオ専門店じゃなければこんなもんですか。でもひどいぞこれは。

呆れながら作業続行です。
常時電源、アース、リモートの被覆を?いて端子を付けます。随分慣れてしまったのでミス無くサクッと出来ました。
あとはそれらをアンプに繋いで、RCAとかスピーカーケーブルを繋げば完成です。
SH380174

ものの30分で完了。
電源ラインをひっぱらくて良かった分かなり時間短縮できました。
あとは音の調整ですね。

まず何も設定を変えずに聞いてみました。
そしたらSWの音量が低い。どんだけ今までのSWゲイン上げてたんだw
適正位置まで上げて改めて聞きました。

私&G「あらなんちゅーすっきりしとるがいね。」

SW変えるだけで全体が綺麗に聞こえました。
今までの曇った音はどこへやらw
あのSWただ者じゃ無さそうです。そっちの意味で。

とりあえず今までONだったラウドネスを切り、イコライザもフラット、BBEはそのままで良い感じになりました。
ボーカルがダッシュ上に定位してる感じがするようなしないような。
純正ツィーターとコアキシャルなのに以外に良い感じに鳴ってますよ。

ちと覚え書き↓
FSP HP:125Hz -6db/oct
SW LP:100Hz -18db/oct

こんな設定だったり。
ま、なんにせよSWだけでも全体に及ぼす影響は大きいことがよーく分かりました。
これでまた一つ賢くなったw