Retrospectib

ST3500320AS ファームウェアアップデート

calendar

前々からやらねばと思ってたのですが、HDD関連の作業してたついでに実行です。
知ってる人は知ってると思いますが、SeagateのHDD「Barracuda 7200.11」および「Barracuda ES.2 SATA」モデルでデータにアクセスできなくなる不具合が見つかったんですよ。
詳しくはSeagateより。

色々と情報はググっていただくとして、結果から。
無事アップデートは終了しました。

私は公式通り、CD-RWにISOファイルを焼いて行なう方法を取りました。
適当なライティングソフトでISOを焼いたら、CDから起動します。
あとは画面の指示に従ってアップデート。ものの10分てところでしょうか。

1
その後起動させるとインストール中のアレが。
ファーム変わったと実感できるのかもしれません。

2
改めて、CrystalDiskInfoで見てみました。
問題なく新ファームになってます。SD1Aってやつ。

これで安心して使えますね。

と思ったらまったく同じのがiMacに入ってるじゃないかw
こりゃ早急にアップデートせねば。
だがしかし…iMacで出来るのか、それが問題です。

とりあえずBootCanpのWindowsからファームのバージョン見てみます。
大丈夫だったら放置。SD15だったら対策考えます。
案外普通にアップデートプログラムCD起動できるかもしれない。

どうなることやら。

この記事をシェアする