Retrospectib

R2:オイルキャッチタンク固定とマフラー短縮

calendar

前回の記事で書いたオイルキャッチタンクの件、あらためてステーを買ってきて固定してみました。
ステーの他にもボルトナットは必要ですので合わせて購入です。


最寄りのホームセンターでこれだけ買ってきました。
ステーとM6・M8ボルトにフランジナットですね。
ボルトはクロメートメッキの組ボルトにしました。脱着時にワッシャーとか無くしそうなのでw
キャッチタンク本体を留めるナットはワッシャーが無くても良いようにフランジナットです。これだけバラ売りしてなくて高く付いてしまいました。


こんな感じで設置しました。
車体側ストラットタワーの所がM6x15に幅広ワッシャーの組み合わせ、上部本体はM8x20にフランジナットです。
ステーのボルト穴がM10だったのでM6側は幅広ワッシャー必須かと思います。
以前の手曲げステーより振動の減衰は早いです。正直もう少し厚みのある物があればと思っていたのですがなかなか見つかりませんね。


ふと思い立ってついでにマフラーを少し短くしました。ディスクグラインダーで約40mm程切り詰めたでしょうか。
だいたいバンパー下部とツライチくらいです。


なるべく真っ直ぐになるように修正してからバリを取って耐熱ブラックを吹いて完成です。
当初スラッシュカットにしようとも思いましたが、車体に付けたままだとちょっと面倒くさそうだったので真っ直ぐで妥協しました。
養生するときは私みたいに手抜きせず、できるだけ広範囲を覆いましょう。


引いて見てみるとだいぶスッキリした印象です。
よりノーマルっぽくなって良い感じですな。

オイルキャッチタンクの追加購入部品が明日届く予定なので完全な完成は明日です。
スロットル入口付近までブローバイのべっとりとしたアレが付いていたのでさっさと済ませないと。

この記事をシェアする

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...