Retrospectib

ブラザー複合機 DCP-595CN 購入

calendar

CIMG3059
結局買うことになりましたw
どうも年賀状の宛名面を手書きするのが面倒だったらしく、注文してくれと。
直すより早いし、コスト的にも大差ないと判断されたようです。

イートレンドで14,500円くらい。安いね。
仕事上キヤノンとエプソンは嫌と言うほど触りますが、ブラザーは初です。
さてどんなもんかな。

CIMG3061
箱から出してサクッと設置。
前のMP500より一回りほど小さいですね。
黒いボディがなかなか良い具合。シルバーだとちと安っぽく見えますよね。

CIMG3066
個人的に気に入った部分がこのインク入れるところ。
前面パネル開けて入れられるので、わざわざ本体内部にアクセスする必要ないのが良いですね。
キヤノンはヘッドに直ですし、エプソンは本体開けて右手前だったかな。

CIMG3062
あとLAN上で共有できるのもポイントですね。最近のは大概出来るけど。
LANケーブル背面から出すのもアレだったので、無線で設定です。
APがバッファロー製なのでAOSSで繋ぎます。WPS/AOSSを選んだら即探し出すので、すかさずAPのボタン押せば勝手にやってくれました。

CIMG3067

CIMG3068
これで終了。楽だねw

ここまで終わってから各パソコンにドライバを入れます。
Macの場合はドライバ入れてから、プリンタの追加をすればおkです。
Windowsもインストーラから無線LAN選べば勝手に探してやってくれます。
他社のドライバよりインスコは簡単だと思います。
ちなみにMacだとアイコンはちゃんと製品画像が出てきますよw

さっそく汎用のL版光沢紙に印刷してみました。
思ったほど悪くないというか、言われてるほど悪くない印象です。
MP500とは解像度が違いますが、正直極端な差は無いかなと。
暗い部分はちと粒状感がありますが、明るい部分はほとんど分かりません。
値段から考えれば十分です。

という感じで中々よろしい感じですよw
家中のパソコンから印刷できるようになったのが一番嬉しいw
そして所有権は親にあるという事実。私は一切お金出してませんのでねw

ブラザー気に入ったのでファクス壊れたら次はブラザーにします。

この記事をシェアする