Retrospectib

フレアクロスオーバー:タイヤ買いました

calendar

タイヤに関しては納車日に確認した段階でアウトだったのでボーナスが入り次第すぐに買うつもりでした。
しかしボーナスの使い道は結構決まっていてロードスターの修理・車検代だったり色々な返済だったりで贅沢な使い方はできないのです。
なのでタイヤもできるだけ安いものを選びました。

結局これ



真っ先にオートウェイで調べて信頼できるメーカーというとこれしかありませんでした。
台湾のナンカン製 ECO2+というものです。サイズは純正そのまま165/60R15ですね。国産だと廉価品ですら6000円台。
個人的に一番信頼できるインドネシア製がありませんでしたが、アジアンタイヤのはしりであるナンカンならまず問題はありません。ヨコハマとも提携してたことがあるくらいですからね。

まずサイズが165/60R15という時点で必然的に高くなってしまいます。採用車種はハスラーやキャストアクティバが有名ですが、他にも三菱ミラージュだとかダイハツ トールもそうですしスズキならソリオやKeiもあります。むしろKeiが最初。
でもたったこれだけ。165/55R15と比べてなんと少ないことか。


製造年月は4本とも今年の15周目…4月半ばでしょうかね、かなり新鮮です。
台湾だと近いからすぐ来るんでしょうか。


トレッドパターンは左右対称で回転方向も無し。ラウンドショルダーで轍には強い感じですね。
アジアンタイヤにありがちな変なパターンじゃないので国産だと言われて見れば信じてしまいそう。トレッド面のヒゲも無く気になるバリもありません。
初めてナンカンのタイヤを買いましたが噂通り綺麗な造りですな。


何よりこのラベルが国産同様紙ベースじゃない時点でそこらのアジアンとは違います。
何度も買っているATRなんかは普通に剥がすと最下層の紙が破れて残ってしまうんですよ。あれ嫌いですw


ちなみに現在の純正装着タイヤはこんな状態です。
トレッド面に無数のクラックがありますしサイドウォールはつや出し剤を塗りまくったようなひび割れ方をしていてボロボロです。
それにバランスが完全にずれているようで中々酷い状況です。ウェイトも凄い数付いてますしね。

というわけで土曜日にいつもの優良店の予約が取れたので組み替えてきます。
初めてのナンカン楽しみですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...