Retrospectib

SONY MDR-CD900ST ヘッドホン導入

calendar

ここ最近ヘッドホンで音楽を聴くことが多くなってきまして色々ヘッドホンを調べていたりしたんです。
ヘッドホン自体は6年以上前に買ったオーディオテクニカ ATH-PRO5MK2 と 2年ほど前に買ったローランド RH-300 があります。それぞれ5200円と12000円で買ったらしいです。
他にも AKG の Y45BT と廉価なBluetoothヘッドホンもありますがもう出番が無くて埃を被っていたり。というかY45BTが12000円近くで買っていてちょっとビックリ。もったいないので誰か程よい価格で買って(切実)。

それでですね、RH-300をメインで使っているわけですがこれは十分綺麗な音なんです。やや低音リッチな気もしますが変なバランスということも無く結構気に入っている感じです。
PRO5MK2は久々に聴いたらやたらと高音が割れているというか破綻しているように聞こえて出番が無くなりかけています。以前の低音さえ出ていればと思っていた頃はよく使っていましたが、ここ最近の好みである「やや高域を丸めてあとフラット」というのには適さないのです。
そしてようやく本題ですが、調べているうちにガチなモニターヘッドホンを使ってみたい欲が出まして今に至ったのです。

定番中の定番



モニターヘッドホンのリファレンス、定番中の定番、ソニーの MDR-CD900ST です。
テレビとかでレコーディング風景をやっていることもあるかと思いますが、そこでよく映っているアレです。


飾りっ気一切無しな薄い段ボールの箱にはこのような文言が書いてあります。
そりゃ業務用ですから。


付属品だって一切無し、箱に入っているのはこれだけです。取説すらありません。
RH-300とかだと金メッキのミニフォーンプラグに標準プラグ変換アダプタが付いていますが、これは金メッキ無しの標準フォーンプラグのみといかにも業務用な出で立ちです。

音はいかがか

オーディオインターフェイスに直挿しで聞いてみました。iMacのオーディオ出力設定は24bit/96kHzです。
何というか、やや高域が出切っていない感がありますが概ねフラット感があります。
低音も十分出ているしボーカルが埋もれることも無く聞こえますね。
もうちょっと鳴らし込んだらまた印象は変わるかと思いますので、ド新品で1発目の印象と言うことで。

あとインピーダンスが手持ちのヘッドホンの中で一番高く63Ωで、アンプがちょっと弱いかもしれません。結構ボリューム上げないと音量を稼げない的な。
気が向いたらオーディオインターフェイスからDAC内蔵ヘッドホンアンプに移行するかも。

※追記 イヤーパッド交換しました



右耳は問題ないのですが左耳の潰されてる感が強くてまともに聞くにはイヤパッドの交換しかありませんでした。
ということで耳をすっぽり覆えるタイプで厚みがあるものを選択しました。定番というかよく売れているらしいので。
交換は引っぱって外して隙間に入れていくだけなのでよほど不器用じゃない限りは誰でもできますね。

交換後は快適です。音質変化があると書いてある場合もありますが、私は特に感じられませんでした。
側圧も弱くて頭頂部の痛みもほぼ無く数時間装着しっぱなしでも快適ですねこれ。他のヘッドホンだとどうしても頭頂部が痛くなってずらしたり外したりしてリフレッシュが必要だったのでこれは嬉しいです。

この記事をシェアする

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...