Retrospectib

サンバー:定期メンテナンス

calendar


晴れ間を狙って久々に荷台のエンジンカバーを開けて簡単なメンテナンスを実施。
今シーズンは横向きまくったし、色々見てみるのです。


エアクリボックスを割ってみるとやっぱりフレームの錆が入ってきてます。
ブローバイ的オイルも溜まってたのでパーツクリーナーとウエスでゴシゴシと。
オイルキャッチタンクは予想通り満タンだったので全部排出。半月に一回は見ておくべきと反省。



ついでにエアクリを有名メーカー製に変えてみるテストをするのです。
ブリッツ製になります。モノタロウの倍以上高いですがその分性能の差はあるのか?


DWデミオ用ですがご覧の通りピッタリです。正確には数mm小さい気がするけど気にしないのです。
鮮やかなブルーでドレスアップ云々と書いてあるけどほとんどの車種で見えなくなるよね。


続いてプラグをチェックです。
ターミナルが分離型だけど全部緩んでたんだよ。ペンチでこれでもかと締め込んでおいたんだよ。
次は例外なくNGKです。


3番以外全部ねじ部にオイル付着があったのよ。
焼け方は悪くないし1〜4番全部均等でした。
少々酸っぱいような絶妙なニオイがするのです。

ということで久々にメンテナンスしてみました。
フレームの錆吸い込み対策としてとりあえず茶こしを付ける予定です。あの一件以来茶こしブーム来てます。

それとエアクリ交換の結果ですが、大きくアクセル開けると吸気音が車内に響き渡りますw
おまけに加速がなかなか良くなりました。マジで。
もしかするとプラグのターミナル締めたのが良かったのかもしれませんけど。割とあり得る。

*3/9追記

エアクリボックス手前に茶こしを装着してみました。
フレームから繋がるパイプとの接続部に挟んだだけのお手軽仕様です。
何となくこのサイズだろうと選んだら大きかったのですっぽり入らずこうなってしまいましたが、すき間から水を吸い込みそうな予感。
またエアクリ水没事件が発生する予感がしないでもない…しばらく様子見です。

この記事をシェアする