Retrospectib

MVNO新規追加 mineo編

calendar

いずれはメインのauをMVNOへ変えようと思っているわけですが、その前に試してみたかったので余っているau版iPhone6で1回線運用してみることにしました。
基本的に電話は滅多に掛けないのでデータ通信のみのプランです。
そしてauの電波を使っているMVNOでなければなりません。

どれを選択したか



auのSIMに対応しているMVNOはmineo・UQmobile・Fiimo・IIJです。以前より増えたとはいえまだ少ないですね。
UQmobileはKDDIが運営していますから安定性とかは一番良さそうですがプランが少なめだしパッとしないのでスルー、テザリングは魅力的ですが。Fiimoは評判とかがよく分からないのでスルー。IIJは先月からau端末でも使えるプランが出来ましたが、SIMロック解除しないと使えないので無かったことに。
というわけで消去法でmineoになりましたとさ。
Aプランのシングルタイプ3GBで月額972円です。来月事務手数料3240円がかかりますが、解約金は時期にかかわらず取られないのが良いですね。

セットアップしてみた


まずはSIMカードをiPhone6に入れます。auの4G LTE対応のnanoSIMですが、VoLTE非対応のものを選択しないといけないようです。6s以降はVoLTE対応SIMが必要だそうな。


圏外の表示ですがアクティベーションは出来ました。一度iPhoneをリセットしているので必要だったのです。


構成プロファイルをインストールしないと電波を掴まないとのことだったのでガイドブックに書いてあるURLからインストールしました。
このガイドブックがなかなか丁寧で分かりやすかったので初心者の人でもすんなりいけそうです。


しばらく待つと無事にauの電波を掴みました。問題ありません。


早速通信速度を測定してみました。いつも使うRadishのサイトがスマホ対応していたのでそこで。
上りはこんなもんかというところですが下りは20Mbps以上出ているので十分ですね。

早速明日からの九州出張で色々試してみようと思います。

この記事をシェアする