Retrospectib

Chromecast 買ってみた

calendar


つい先日発売されたGoogleのChromecastですが、ちょっと興味を持ったのでヤマダ電機へひとっ走りして買ってきました。
AppleTVより安いし、WindowsやAndroid端末だけでなくiOSデバイスとMacにも対応しています。
ただ、端末のミラーリング機能みたいなのはありません。私は必要ないですけどね。


開封するとこれだけ入っています。本体とUSBケーブルが刺さってるACアダプタ、HDMIの少し延長する物。
他所のレビューで見たとおりですw


ウチの場合はこんなAVアンプがありますので、そこにChromecastを接続してみます。
そんでもってTVが2008年製REGZA 42C7000と微妙な古さなのでアレな感じです。


入力を切り替えるとこんな表示が出ていました。
表示通りに chromecast.com/setup へアクセスしてみます。safariで。


こんなん出ました。とりあえずダウンロードを押してみます。
押したらディスクイメージがダウンロードされますのでインストールします。


起動させるとこうなります。
Wi-Fi必須らしいです。アドホックで直接Chromecastと接続されてから、アクセスポイントの設定などをします。
設定後はルータを介しての接続となりますので、有線でも無線でも。2.4Ghzでも5Ghzでも。


設定完了の表示が出ると間髪入れずにアップデートが始まりました。
このまま放置で構いません。


諸々終わって準備完了です。

早速iPhoneで試してみます。


YouTubeアプリを起動させると上の方にアイコンが表示されています。
押してみると…

Chromecast名が出てきたのでタップします。


テレビにYouTubeアイコンが。


これで動画を再生すると…


無事に再生されました。これはソースが480pだったので荒いですが、720p以上のHDソースなら十分綺麗です。
何本か再生させましたが途中でバッファ祭りになることもなく、至ってスムーズに再生できましたとさ。

あと、Chromeブラウザにエクステンションをインストールすればタブのミラーリングも出来ます。
こちらは割とマシンパワーを食いますね。私のiMacでも裏でTime Machineバックアップが走ったりすると途端に途切れ途切れになって再生速度が遅くなったり早くなったり…。

ちなみにクーラー(断じてエアコンではない)を点けてからは非常に安定していますw
本体はえらく熱くなりますので、冷却に気を配ると良いかもしれません。
というかこれ絶対長時間触れてたら低温やけど起こしますよ。

気になるなら買ってみても良いかもしれません。
今後対応サイトが増えると益々捗るかと思われます。

この記事をシェアする