Retrospectib

ロードスター:エンジンオイルとマフラー交換

calendar

車検も無事通過したことだし色々やりますかということで作業です。
まずはオイル交換、距離はいつも通り全然走ってないのでいつものペースなら来月頭くらいでいいのですが異常な暑さですからちょっと早めに交換しておきます。
そしてたまたま見つけた謎のマフラー(安い)を買ったので取り付けてみようかなと。

オイルはこれ



レプソルのエリート マルチバルブ10W-40を選択です。
今までのGX100より少し固めにしたかったのでとりあえず10W-40で絞って色々見ていてピンと来たのがこれだったという。
スペインのメーカーであまり馴染みは無いかと思いますが、怪しいオイルブレンダーなんかじゃなく石油・ガスの総合メーカー的な感じです。


今回はオイルフィルタも交換時期なのでインマニのステーを外してみる作戦を決行。
上から2本、アンダーカバーを外して下から1本ボルトを外せばステーは外れます。
そしたら結構なスペースが空いて下から楽にフィルタに届きますし、的確な位置にウエスを置けるのでサブフーレムやエンジンマウントにオイルが垂れることなく交換出来ましたとさ。
事前準備が面倒くさいけど確実に行うならこの方法かな。

マフラー


Webを彷徨っていたら見つけた謎のマフラーです。小ぶりのサイレンサで軽いですが喧しそうです。
出口がΦ90と太くて嫌な感じですが値段に負けました。性能的に良さそうなら太いところを切ってΦ60のSUS単管を溶接でもすればと思いますがどうなんでしょ。
メインは入りも出もΦ60です。


ステーにはちゃんと抜け止めのツバが付いていて好感が持てます。メーカー品以外は付いていないイメージですね。


フランジはしっかり肉厚でツヤツヤしています。というか今付いている二寸管のと同じものに見えますね。
これはTIG溶接で綺麗に付いています。二寸管は半自動っぽいビードですがどうでしょう。
もしかしてこのマフラー結構しっかりした出所だったりするのかしら。


二寸管と比べて。
K-1レーシングとかそのあたりと同じようなサイズ感でしょうか。
やっぱり出口のラッパは要らないな…。


付けました。
ナットは固着も無く簡単に外れましたよ。ペネトン噴くまでもありませんでした。
心配だったフィッティングも全然問題無いですね、収まるべき所にちゃんと収まっています。


バンパーからの出具合はこんな感じです。
二寸管よりだいぶ短いですが、かえってあのラッパが目立たず良かったかもしれません。

ちなみにこのラッパには4箇所も穴が開いていてインナーサイレンサーが取り付けられます。
あまりにも爆音だったら買って会社に落ちているロックウールとステンメッシュでも巻いておきます。

ちょっとした動画


今までしたことのない音割れでお察しですね。
3000回転以降はマシになっているのが分かるかと。音割れすぎでどんな音なのかさっぱり分からんという役立たず動画でした。

まぁアレですよ。ひとっ走りしてきたらインナーサイレンサー必須だということが分かりました。
アマゾンで千円ちょっとで売っている安いのを加工して使おうかと思います。

爆音マフラーはじめました( ∵)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...