Retrospectib

ロードスター:遊び用タイヤ交換

calendar

先週終了した朗らかな集いに履いていく用のタイヤを交換しました。
ズベだったとはいえSタイヤからの交換ですからそれなりのものを選んだつもりです。
予算があればZⅢやネオバにしていたと思うのですが、予定より早い交換なので手頃な物でお茶を濁したというか何というか…。

これを選択



ATR SPORT 123Sにしてみました。信頼のATR、インドネシア製。
サイズは195/50R15で純正15インチサイズ。NB1やNR-Aなんかはこれですね。

組み替え交換


いつもの優良店です。
今回バランスが結構良くて最大15gで済みました。歪んだホイールのくせに0gのセットもあってちょっと驚き。
前回やったバンジョーボル付近を避けてのバランスは今回しませんでした。アンバランスによる車への負担を考慮したというか。


組み上がりました。
特徴的なパターンですね。コンペティション仕様感が出ていて結構好きです。


アジアンタイヤと言えばあって無いようなリムガードですが、これはガッツリと存在を主張していますね。あんまりもっこりしていないサイドウォールも好感。
やっぱりシュッとしたサイドウォールとバリッと出たリムガードを備えたタイヤが好きですな、デザインだけなら。


新品時から溝が浅めというこのタイヤ、パッと見はそうでも無いかなと思っていましたがスリップサインで比べると確かに浅いです。
私は基本的に週末の朗らかな集いでガッツリ減らす以外は普段履きのATR SPORT2に変えていますので1年は十分保つかなと思っています。


車に装着してみました。
以前より直径が20mmほど小さくなりましたがかえって見た目のバランスは良くなった印象です。
横から見た感じもハイグリップラジアルらしい感じです。そうなんだけども。

走った

当初ダンパーの減衰力を誤って随分と弱く設定していたせいで違和感バリバリな印象だったのですが、ちゃんと強め(3〜4段戻し)にすると至ってまともです。
サイドウォールの剛性とコンパウンドのバランスが悪くて撓みまくっているものと思っていたのですが、単に減衰力不足でボヨンボヨンしていただけという。
私程度の腕だと賞味期限切れのズベなSタイヤと良い勝負です。
完全ドライ路面じゃありませんでしたが結構良い感じ。流石に濡れたところはズズっといきますが、唐突な挙動も出ず結構安心出来る印象です。

値段を考えれば十分合格点。いつもの場所での遊び用タイヤとしてはですけれども。
もっとスピードレンジが高いとそれこそサイドウォールの剛性が足らないといったことも出てくるでしょう。
ちなみにいつもの場所はピークで2速7000あたりで曲がるようなところ。ストーレトエンドで3速レブくらい。

結論:軽い車には割とおすすめ

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...