Retrospectib

ロードスター:エバポレータのアイシング

calendar

先日、某自動車専用道路を走っていたときのこと。
暑いのでエアコンを掛けて走っていたのですが、なんだか暑いなと思ったら風がほぼ出ていません。風量を最強にしても音だけ大きくなって全く変わらず。
しょうがないのでエアコンを止めて窓全開で凌いでいましたが、一般道に下りて信号停止中は流石に暑くてかなわないのでまたエアコンを入れたのです。そうしたら風量も戻っていて普通に効いているのです。
後で調べたらアイシングという現象で、何らかの原因でエバポレータが凍ってしまいフィンを風が通過できなくなるというもの。
去年は大丈夫だったのですが…。一度見てみることにしました。

とりあえずバラす



グローブボックスを外すとブロアファンとエバポレータの入っているケースが見えます。
その間、点線の位置に「シール プレート」という押さえ金具があるのですが、ロックはされているけどフラフラ遊んでいる状態だったのです。


これがシールプレートです。上がNo.3で下がNo.1だそうです。No.2はどこへ行ったのか。


全体で見るとこんな感じです。○の部品。


何となくの予想はついていましたが、スポンジが加水分解でボロボロになって痩せていました。
これを貼り直せば良さそうです。


とりあえず手持ちの加水分解に強そうなスポンジやクッションテープで何となく貼り直しました。
長さの関係で上下別素材ですが大丈夫でしょう。


あとは元に戻すだけですね。
適度な締めごたえで良い感じです。

これがアイシングの直接の原因というわけではないでしょうが、不具合であることに変わりませんので1個解決しただけでも良しとします。
おそらくはエバポレータ自体の汚れでしょうが、分解はなかなか面倒くさいので今後もし凍ったらちょっと我慢して溶かしながら乗るとします。

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...