Retrospectib

ロードスター:ハイビームをLEDに

calendar

以前から機会があればと思っていたのですが、アマゾンプライムデーでLEDバルブが2000円安くなっていたのでつい買ってしまったわけですよ。
ハイビームですから明るくないと意味が無いのでそれなりのものを選択したつもりです。
雨や雪の夜はまず乗らないのでLEDでも問題ないと思っていますがどうなることやら。

こちら



NIGHTEYEのA328 N1(だと思われる)のHB3を選択です。
Lumileds LUXEON MZチップで6000lmと謳っていますが、良いところ4000lm程度かと思われます。


そして角度調整が出来ます。HB3/4は車種によって取付角度がまちまちですから調整機構は必須です。
ロービームのIPFと同じような調整機構ですから簡単ですね。

取り付ける


まずは現状から確認です。
こんな感じで照らされています。


ロービームよりスペース的に余裕があるのでアクセスは簡単です。
しかしこのパッキン(蛍光イエローの方)がHB4用のものが付いているみたいで灯体に入らないという。
仕方ないので外したハロゲンバルブからパッキンを移植して取り付けました。でも運転席側はパッキンはしっかり密着していますがちょっとカタカタします。


30分程度で取り付け完了です。
コントローラ別体なので設置場所を考えなくてはいけませんが、助手席側はリレーを固定しているプラスチックの隔壁?に空きスペースがあったのでそこへ両面テープで貼り付け。
垂直なので両面テープが万が一剥がれたときに落ちないようにタイラップも併用しました。


運転席側は固定できそうな平場がここくらいしかなかったのでそこへペタッと。
多少濡れるかもしれませんが防水であるとのことですから信じましょう。


非点灯時の見た目はこんな具合。白いせいかそんなに違和感はありません。
角度はご存じの通り発光面が左右に来るようにします。


ハロゲンのとほぼ同じアングルで撮ってみました。iPhoneで撮りましたがマニュアル撮影の出来るアプリを使い、シャッタースピードとISO感度とホワイトバランスは先のハロゲンと同じに固定されています。
少しばかり上下方向に照射範囲が広がったかなと思われます。というか光軸低いですね…もう少し高めに調整するとします。
明るさもハロゲンより少し明るくなったでしょうか。
ロービームのIPFと比べても特段暗いこともなく問題ないですね。これなら十分実用的な明るさと言えるでしょう。

何より色温度が予想より低めでたいへんよろしいです。
IPFは6500Kと数値通り青みがかっているのに対して、これは6000K表記ですがもう少し低く感じるくらい青みが少ないです。
ちなみにLUXEON MZチップには6000Kの設定は無く、6500Kの下は5700Kなのです。
つまり正確には5700Kなのではないかと思っています。

個人的にヘッドライトの色温度は高くても5000Kあたりまで(ハロゲンはクリア一択)が理想です。
LEDならば日産GT-R純正が理想的色温度&輝度ですね。凄く見やすくて明るいんです。D2の純正HIDを少し白くした感じのイメージ。
アフター品でももっと色温度の低い物を出しても良いと思うんです。望んでいる人は少なくないんじゃなかろうかと。
現在5000K以下のイエローでないLEDバルブは、スフィア ライジング 4500Kくらいしかなさそうです。

機会があればこれもいつか試してみたいですね。

folder ネットワーク・ISP

auひかり 導入
MVNO新規追加 mineo編
I・O DATA 無線LAN中継器 WN-G300EXP
more...