Retrospectib

R2:DOME D201 ドライブレコーダー装着

calendar

昨日届いたドライブレコーダーを取り付けます。
既存のKNA-DR300はリアのGDR32と入れ替えて引き続きウン漏れ監視に従事してもらいますので。



DR300はサンバーから移植した際に何となくエーモンの透明強力両面テープを使ったのですが、いつも使うニトムズのブチルゴムテープと比べてやたら剥がれにくく糊が残ってしまいました。
二度と剥がさないのなら良いんですが、また剥がすおそれのある場合は適度に強力で適度に剥がしやすいものを使った方が良いですね。


D201と入れ替えました。DR300のブラケットと違い横長なので設置自由度は増しました。
あと電源ケーブルはそのまま使い回しましたが、DR300のはL字で配線の出ている向きがよろしくなくてブラケットと干渉しています。
このままではアレなので後日ストレートか逆に出ているタイプのL字延長ケーブルで対処しようと思います。


DR300もGDR32と入れ替えました。
この画像を見て違和感がある方は立派なドラレコマニアですw
そう、ブラケットがDR300純正ではありません。これはGDR32のものをそのまま使いました。
というのもDR300のものだとある程度傾斜が付いた面でないとドラレコ本体を良い角度に合わせられないのです。そこで平面でも比較的自由度が高いGDR32のものを使ったというわけです。
DR300のもGDR32のも調整する部分がボール状になっていて、GDR32のものの方がわずかに大きい程度なのです。入るかな?と思ってちょっと力を入れて押し込むと何とか入ってくれました。固定用のネジが切られたリングもそのままでは入らなかったのでステップドリルでわずかに拡大して入れました。
このリングを目一杯締め込んでも完全に固定は出来ませんが、普通に走行している程度の衝撃ではずれたりすることもありませんでした。
ちなみにGDR32にDR300ブラケットはスッカスカで嵌めることは出来ません。おそらくDR300も本体挿入部がT字になっている汎用ブラケットが使えそうなので安い物を買って試してみようとは思っています。


外から見るとこんな感じです。あのBMWのグリルを模したかのようなメッキ部分は思ったほど目立たず案外普通です。


GPSは妥協しまくってここになりました。というか配線が短くて置きたかったところまでわずかに届かず。
一応ここでもGPSは受信できています。


GPSアンテナを接続して衛星の電波を拾えると強度が出ます。最初赤くて捕捉数に応じて緑というか青に変わっていきます。


GDR32で使っていた32GBのmicroSDカードで試し撮りに行ってきましたが、4時間あまり走ってすでに1ループしていてビックリ。
ループ5分の1080p/50fps設定でファイルサイズが約818MBと大容量です。
長距離走った際にこれでは少々心許ないので64GBのものを準備しました。
Amazonで最安クラスだけど評価は高い物という感じで絞るとTEAMに行き着きました。初めて使うメーカーですが自作PCのメモリなんかでは結構メジャーなようです。


ちょっと気になったのが最高動作温度ですね、70℃までとなっています。
よく使うサンディスクやトランセンドのものだと85℃だったので、てっきりこれもそうだと思い込んでいました。
ドラレコで使う場合はできる限り温度域の広いものを選びたいところです。

というわけで試し撮りしてきた動画を晒してみます。
カット編集と文字を入れたくらいで補正は一切掛けていません。

日中だとかなりシャープに映りますね、DR300は全体的にモヤッとしています。
ちょっと驚きだったのが細い木の枝まで描写できている解像感の高さ、レンズも結構良いものを使っている予感がします。周辺でフリンジが目立ちますが。
あと音質も良いですね、アクセルオフ時にマフラーから出るボンッという低音まで音割れなく拾うしDR300では耐えられず音割れしたやかましい吸気音も破綻無く録れています。びっくり。
残念なのが夜間、街灯や対向車がいないと限界までISO感度を上げてシャッタースピードも遅くしてしまう仕様はいただけません。無闇にISO感度を上げるとノイズだらけになるし、そうするのならシャッタースピードは1/50(60)秒を切らないようにして滑らかさを残しておいて欲しかった。
明るく映そうというのは良いのですが過剰です。対向車が来たらその周辺は白飛びして見えないし。
この辺が中華クオリティなのかな…。